知ってる??洗顔泡立てネットの正しい使い方!

あっという間にふわふわな泡ができる、

洗顔用泡立てネット。

使用している方も多いと思いますが、

あなたの泡立て方、間違っているかもしれません!

そもそも、泡で洗うと何が良いの??

f:id:crgcrm:20180528160611j:plain

最近は、もこもこ泡で洗うのが

もはや常識になってきていますが、

そもそも泡洗顔のメリットを知っていますか?

洗顔料を弾力のある泡にしてから洗うことで、

泡が手と顔のクッションとなり

肌への摩擦や刺激が少なくなります。

また、キメ細かい泡にすることにより

肌をしっかり包み込み、毛穴の汚れや黒ずみなどの

洗浄力が高まる効果があるといわれています。

【ポイント1】まずは、水気を切っておく!

手にひらと泡立てネットに

お湯または水をたっぷり含ませたあと、

しっかり水気を切っておきましょう。

ここで水気を切っておかないと、

泡がべちゃっと垂れてしまいやすいんです。

【ポイント2】洗顔料は、手のひらでなくネットにのせる!(2~3㎝)

洗顔料は、ネットの中央あたりに直接のせましょう。

その方が、ネット全体に洗顔料がいきわたり

空気を含みやすくなります。

【ポイント3】泡立てネットは、立ててスライド!

実は、ここのポイントが

1番間違っている方が多いかもしれません。

横にねかしてゴシゴシこすりがちですが、

ふわっと立てた状態で空気を含ませて

大きくスライドさせながら泡立てましょう。

【ポイント4】泡立て最中に、水分を多す!

水分を足さなくても泡立つのですが、

はじめに泡立てネットの水気を切っているため

泡の水分量が足らない可能性があります。

水分が少ないと、洗顔濃度が高すぎる泡になって

肌へのダメージを与えてしまう可能性があります。

【ポイント5】最後は、下から上へ絞り上げる!

稀に上から下へ向かって絞り出す方がいますが、

泡が垂れて落ちてしまうこともあるので

下から上へキュキュキュと絞り上げましょう。

最後に

あなたの泡立て方は間違っていませんでしたか??

正しい泡で、効果的な洗顔を目指しましょう♡

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク