エクステや髪の毛を結ぶのは、薄毛の原因?!【牽引性脱毛症とは】

女性に多くみられる「牽引性脱毛症」を

ご存知でしょうか??

f:id:crgcrm:20180531165011j:plain

エクステをしていたり

髪の毛を結ぶことが多い方で、

最近生え際や分け目の髪が薄くなってきた方は

牽引性脱毛症の可能性があります。

牽引性脱毛症とは??

小児から大人までが起こり得ますが、

髪の毛の固着力以上の強い力で引っ張られ

毛包が委縮してしまうことが原因です。

毛包が委縮してしまうと

毛を作る細胞の働きが止まり、

次第に新しい毛が生えてこなくなるんです。

とはいえ、まとめ髪をしていなくても

牽引性脱毛症になっている可能性はあります。

牽引性脱毛症の原因と対策

ポニーテールなどまとめ髪で、

髪や頭皮を強く引っ張る髪型が原因で

牽引性脱毛症になった場合の対策をご紹介します。

・そもそもの髪を短くする

・髪を結ぶときは緩めに結ぶ

・髪を結んでいる時間をできるだけ減らす

など…。

他の原因として挙げられるのは、

・エクステの装着

・ヘアアイロンのしすぎ

・乱暴なブラッシング

など…。

牽引性脱毛症には早めの対策を!

牽引性脱毛症にる薄毛は、

“髪を強く引っ張る“という毛包への負担が原因です。

意識すれば避けられる病気ですので、

対策することをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク