シャワーだけで済ませてない?お風呂に浸かるメリット

最近忙しいから、めんどくさいから、

と シャワーだけで済ませている人も多いのでは?

健康のためにも美容のためにも、

湯銭につかることはとってもオススメです。

どんなメリットがあるの??

f:id:crgcrm:20180601165310j:plain

10分浸かるだけでも効果アリ

実は、10分浸かるだけでも

十分な効果があるんです。

比較的温かいお風呂に10分浸かるだけで

80キロカロリー(ジョギング20分に匹敵)も消費します。

そして、10分くらい湯銭に浸かると

80%の汚れは落ちていきます。

体の汚れが落ちやすくなる

お湯に浸かり体が温まると、毛穴が開き、

毛穴に詰まっている脂や汚れ、

また皮膚の表面に付着している老廃角質が

柔らかくなり、タオルなどで容易に落とせます。

こうすることにより、皮膚の重要な役目である

体温調節や汗の蒸発がスムーズに行われ、

皮膚の機能が十分に働くようになります。

体の疲れをとる

血行が促進されると

体内の老廃物や乳酸などがより早く

排出されやすくなります。

そのため、疲れが取れ、回復が早くなります。

基礎代謝がアップする

血行促進や発汗効果のある半身浴を

接続することで細胞が活性化し、

この代謝を上げることができます。

マッサージ効果で、むくみがとれやすくなる

水中は水の深さによって水圧が加わります。

一般的なお風呂の湯銭でも水圧で

ウエストが5㎝も細くなると言われているので、

この水の水圧を静水圧と呼びます。

湯銭に浸かることで得る水圧が自然な刺激となり、

むくみがとれやすくなるのです。

肌がキレイになる

肌の表皮細胞は約28日間で入れ替わります。

しかしその下の真皮層の血行が悪いと、

このサイクルがうまく働かず肌荒れの原因に。

サイクルをきちんと機能させるとともに、

老廃物をしっかり排出できれば 吹き出物が出なくなり、

肌の透明感もアップします。

体臭を軽減する効果も

乳酸が体に増加すると、それに比例して

汗の成分にアンモニアが増えて 体臭が出るんですが、

お風呂に入ることで血行が良くなり、

この乳酸菌が減少するんです。

寝つきが良くなる

人の体は、芯の体温が下がるときに

眠りに入りやすくなるようにできています。

ですから、就寝前にお風呂で体の芯を温めておくと、

寝るときに体温が下がって効果的です。

リラックス効果も抜群

水の体では、体が軽くなりますよね。

体重は約9分の1になっているので、

自分の体重にかかる重力から解放されます。

すると普段体重を支えている関節や

筋肉への負担が軽減され、

緊張がほぐれてリラックスします。

最後に

湯銭につかることは、健康や美容、心にもいいことだらけ。

1日頑張った自分を労わってあげるためにも、

1日の終わりにはぜひお風呂に浸かりたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク