朝早く目が覚めちゃう?体内時計を整える7つの方法!

体内リズムの簡単な

リセット方法をお伝えします。

季節の変わり目は体調が狂いがちですが、

体内時計を整えるチャンスでもあります。

そもそも、体内時計とは??

f:id:crgcrm:20180607162049j:plain

体内時計は生き物の体内に

もともとあると考えられている、

時間をきざむシステムです。

生物時計とも呼びます。

人間には、内的リズムがあるので

明るい朝は目が覚め、暗い夜は寝ています。

このリズムにそった生活をしていると

体調がよいはずです。

体内時計を整える方7つの方法

①ブルーライトを極力避ける

スマホやパソコンを触ることで、脳が興奮してしまいます。

➁長々と昼寝をしない

時間的には、15~30分が良いと言われています。

③毎朝同じ時間に起きる

体内時計が乱れたときは、

生活時間を一定にするのが1番効果的です。

④食べる時間や量を一定にする

毎日同じ時間に同じくらいの量の

食事をとるのが理想です。

⑤朝食まで16時間何も食べない

毎日ではなく、体内時計が乱れたときに

一晩だけ行ってみてください。

⑥夜は暗く、朝は明るくする

光は体に大きな影響を与えます。

意識的に、夜は暗く朝は明るくしましょう。

⑦質のよい睡眠を確保する努力をする

ポイントとしては、

・昼間適度に運動する

・睡眠時間をしっかり確保する

・お昼からはカフェインを取らない

・寝室はきれいに片づけておく

・静かな場所で寝る

です。

最後に

体内時計を整えるために、

まずは自分の睡眠や睡眠パターンに

意識を向けるといいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク