乾燥肌の人はコーヒーもお茶も飲んじゃダメ!利尿作用について

コーヒーやお茶が乾燥肌に繋がるなんて、

思いもしませんよね!?

f:id:crgcrm:20180613114224j:plain

コーヒーやお茶にはカフェインが含まれていますが、

そのカフェインの働きで 利尿作用が働いています。

利尿作用の働きで トイレの回数は増えますが、

体の大切な水分まで奪ってしまっているんです。

利尿作用の3つのメカニズム

脳に対する作用

脳を興奮させ精神を亢進させることで

眠気と疲労感を除去します。

血管に対する作用

筋肉の血管を拡張させます。

腎臓に対する作用

血管拡張で腎血流増加とともに

ナトリウムなどの再吸収を抑えます。

腎臓に対する作用が、利尿作用に関係している

カフェインは交感神経を刺激するので、

腎臓の血管が拡張し、血液ろ過量が増加します。

その増加量に伴って尿の生成量が増えるので、

排尿の量や回数が増えます。

飲んだ水分量以上の水分が排出されるため、

乾燥はもちろん、多飲すれば脱水症状になります。

カフェインの利尿作用を抑える方法は??

利尿作用を抑える方法はありません。

カフェインが血中に残っている間は、

利尿作用が持続します。

対策としては、カフェイン量の少ない商品を選ぶか、

水でしっかり水分をとることに限ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする