なんでシミができるの??【 シミの仕組み 】

年々気になってくるシミ。

30歳を過ぎた頃から、

気になってくる方が多いのではないでしょうか。

いったんできるとなかなか消えず、

シミがあるとやはり老けて見られてしまうようで、

鏡を見るたびにとても気になるものです。

では、なぜシミができるのか

お伝えしていきます。

f:id:crgcrm:20180619150557p:plain

主なシミの原因は肌の老化紫外線による刺激

皮膚が老化すると 細胞活性が衰えて、

メラニンの代謝も悪くなり、

色素が皮膚にたまりやすくなります。

さらに、紫外線を浴びたり 皮膚が炎症を起こす

表皮の1番下にある、

メラノサイトという細胞が活性化されます。

部分的にメラノサイトが活性化すると、

メラニン色素を含む表皮細胞が層になり

シミになってしまうのです。

また、角質層や表皮の上部にメラニン色素が

たまった状態になると、くすみとなってしまいます。

最強のシミ対策とは??

1番はやはり、紫外線対策です。

もちろん年中対策をし、

曇りの日ほど紫外線が強いので

日焼け止めを忘れずに塗りましょう。

無防備に紫外線に当たってしまうと、

どんどんシミは濃くなります。

1日も早い紫外線対策を行いましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク