家にあるものでOK!かかとのひび割れを治す7つの方法とは?

かかとのひび割れやガサガサを

解消する方法をお伝えしていきます。

f:id:crgcrm:20180622153907j:plain

かかとがひび割れる3つの原因

①角質

かかとはもともと角質が硬いところ、

というのがひび割れる原因の1つ。

➁刺激

足に合わない靴を履いていたり、

立ち仕事が多い人もかかとに負担がかかります。

③乾燥

この他に、加齢・食事・特定の病気(足の血行を悪くするもの)

などの理由も考えられます。

かかとのケアの基本

ステップ1:足をキレイに洗う

普段自分が使っている洗浄剤(市販の石鹼など)を使います。

ステップ2:角質を落とす(スクラブ)

もし層が厚くなっている場合は、

軽石ややすりを使ってこすり落とします。

ただしやりすぎると、次も硬い角質ができてしまいます。

ステップ3:保湿

クリームをぬって靴下をはいて寝ます。

夏場は、暑くて靴下なんてはけないと思うので、

かかとだけおおう靴下を利用するといいかもしれません。

かかとのひび割れを解消する民間医療法5つ

①レモン汁

レモンの酸が角質をとる働きをします。

やり方は3つあります。

・レモン汁をしぼって、かかとにそのままつけます。

・レモンを半分に切って、それでかかとをこすります。

・洗面器にぬるま湯をはって、

 そこにレモン汁をまぜ、足を10~15分つけます。

 お湯が熱いと足が乾燥するのでぬるま湯で。

➁植物油(ベジタブルオイル)

オイルは保湿効果はもちろん、肌にいい栄養も補給できます。

寝る前に、基本ケアのステップ2までやったあと

オイルをちょっとかかとにつけて靴下をはいて寝ます。

オリーブ油、ココナッツオイル、ごま油がオススメです。

③米粉

米粉ペーストは、はちみつとアップルサイダービネガー

(1対1の割合)を混ぜて作ります。

まず足をお湯に15分くらいつけたあと、

米粉ペーストをぬり、これでスクラブします。

そのあと足を洗って、保湿し、靴下をはいて寝ます。

④バナナ

バナナは肌に栄養を与え、しっとりさせます。

塾れて真っ黒になったバナナがあれば試してみて下さい。

つぶしてペーストにしたバナナを

ひび割れたかかとにつけ、15分ぐらい放置します。

足をぬるま湯で洗ったあと、冷水に数分つけてください。

⑤塩水

足を温かい塩水につけると、保湿になります。

洗面器にぬるま湯をはって塩を入れ、足を15分つけます。

次に冷水につけ、終わったら足を拭いて保湿をしましょう。

最後に✰

かかとがひび割れない生活習慣としては、

水をたっぷり飲むことも 乾燥を防ぐために大事なことです。

かかとがひび割れていない方や治った方も、

健康的な生活を心がけ かかとが露出する靴も控えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク