妊娠して「肌の調子がいい人」と「悪い人」の違いは?!

妊娠すると「肌がキレイになる」というのを

聞いたことがありますか?

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増えるので、

美肌になるのはイメージできる気がします。

しかし!

妊娠して原因不明の肌荒れやかゆみに悩み

「話が違う!」と思っている妊婦さんも多いのでは…。

妊娠中に肌の調子が良くなるのは事実ですが、

なぜ肌の調子が悪くなる方が多いのでしょうか?

妊娠すると肌がキレイになる?それとも悪くなる?

f:id:crgcrm:20180618113210j:plain

妊娠初期

妊娠初期は、女性ホルモンが急激に増加するため

「ホルモンバランスが大きく崩れている」状態です。

そのため、肌の調子が悪くなり

乾燥や肌荒れの症状が現れることが多いようです。

また、妊娠や流産への不安で 精神的に不安定な時期なので、

精神的ストレスが 肌への悪影響を与えることもあるでしょう。

妊娠中期

心身ともに不安定な妊娠初期を乗り越え、

妊娠中期に入ると ホルモンバランスが落ち着いてきます。

肌の調子が回復して、

しっとり美肌になってくる方が多いようです。

妊娠中期以降

この時期は、お腹が大きくなり胎動も感じ始めるので

妊娠の不安よりも喜びが大きくなってくるでしょう。

幸せな気持ちで日々を過ごしていると、

自律神経が整ってくるので さらにツヤツヤな肌へ変化します。

最後に

妊娠中は肌の状態が不安定になりますが、

これは妊婦さんの年齢によっても異なります。

年を追うごとに 肌荒れがひどくなる傾向もあります。

たとえ肌トラブルが起こらなかったとしても、

肌の保湿だけは行うことをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする