農薬が体に与える影響とは??体の不調は農薬から!?

農薬はとっても便利な反面、

野菜や体にいろいろな悪影響があります。

f:id:crgcrm:20180626114103j:plain

ここでは、農薬の種類やなぜ使用するかという事から

農薬が野菜や体に与える影響への対処法をお伝えしていきます。

農薬の種類

農薬にはいろいろな種類がありますが、大きく分けると、

殺虫剤

・殺菌剤

・除草剤

に分かれます。

殺虫剤

美味しい農作物は虫にとっても好物。

虫がつく前に対処する薬です。

殺菌剤

農作物も人間と同じように菌から病気になります。

病気を予防したり、治すための薬です。

除草剤

雑草が生えてくるのを防ぎます。

農薬を使用するのはなぜ??

農薬をなぜ使用する1番の理由としては、

手間暇が省けるからです。

雑草や害虫をいちいち人の手で抜いたり、退治するのは、

とてもじゃないけど1人では出来ませんよね。

農薬を使用すればこの手間が解消されるんです。

ほかには、安定した収穫量を維持するためでもあります。

農家の方にとっては野菜がとれないと

お金が稼げないわけですから。

農薬の人体への影響とは??

どんな薬にも副作用があり、農薬にも副作用があるんです。

出荷される野菜に残った農薬のことを残留農薬と言います。

農作物は出荷されるときに洗って出荷されるものもあれば、

洗わず土のついた状態のものもあります。

そのため、農薬が残って出荷されることがあるのです。

残留農薬がある野菜を食べ続けると「農薬中毒症」になります。

農薬中毒症の多い症状とは?

咳・腹痛・下痢・胃の痛み・吐き気・嘔吐・頭痛・

めまい・知覚麻痺・運動麻痺・縮瞳・散瞳・

呼吸困難・意識障害・けいれん

といったものがあります。

多くの症状は身体的な影響ですが、

最近では精神的な影響も出ると言われています。

倦怠感・うつ・焦燥・不安感などの症状です。

農薬中毒症にならないためには??

この答えはやはり、農薬を全く使用していない、

または農薬を極力使用していない畑で育った野菜を

購入することが1番です。

農薬を全く使用していないのが理想ですが、

品質保持や値段の問題があり 難しいのが現実です。

また、産地と生産者がわかる野菜を購入することも大事です。

誰がどこで作っているか分かると、

生産者も悪いことは出来ませんからね(^^)

最近では、農薬を洗うための洗剤が出ていたり、

品質検査や放射能検査にこだわった厳しい基準で

野菜を作るように定められている宅配野菜もあります。

www.oisix.com

 

www.oisix.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク