「ハム・ソーセージ」のがんリスクは最大クラス!?

f:id:crgcrm:20180626161702j:plain

「加工肉を毎日50g食べると、大腸がんのリスクが18%増す」

という衝撃的なニュースが、2015年10月に出ました。

加工肉とは、ハム・ベーコン・ソーセージなどのことです。

50gはベーコンなら約2枚、

大きなホットドッグに入ったウインナーなら1本程度。

このニュースの発信源は、「国際がん研究機関」が

フランスのリヨンで開催した会議です。

タバコ・アルコール・紫外線などと

同等のリスクがあるとも言われています。

ハム・ソーセージなどの加工食品はなにで出来ている??

原材料は一般的に豚肉です。

しかし、1kgの豚肉から3kgのハムやソーセージが

出来ているんです。

じゃあ残り2kgは何?ってなりますよね。

そう、食品添加物です。

なぜ食品添加物ばかり入っているの!?

豚肉にはミオグロビンなどの赤い色素が含まれており、

時間がたつと酸化して黒っぽく変色してしまうため、

次第にハムは茶色くなってしまいます。

それを防ぎピンク色に保つために、

食品添加物のひとつである発色剤を添加しています。

この発色剤は、肉に含まれるアミンという物質と反応して

ニトロソアミン類という物質に変化することがあり、

これには強い発がん性があります。

最後に

ハムやソーセージなどの加工肉は

なるべく摂らないことをオススメします。

代わりに、鶏肉・豚肉・牛肉などの

たんぱく質をしっかり摂りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク