糖質制限で納豆・豆腐は食べてもいいの?!

結論から先に言うと、糖質制限では

納豆や豆腐を食べても大丈夫です。

まずは納豆と豆腐の材料である

大豆の糖質について知っておいて下さい。

f:id:crgcrm:20180628130838j:plainf:id:crgcrm:20180628143950j:plain

大豆の糖質量は??

「日本食品標準成分表」によると

〇乾燥大豆100g当たりの炭水化物の総量は28.2gです。

 内訳は糖質11.1g、食物繊維が17.1gです。

〇茹でた大豆100g当たりの炭水化物の総量は9.7gです。

 内訳は糖質2.7g、食物繊維7.0gです。

乾燥大豆と茹でた大豆の炭水化物の量は、含水量の違い。

茹でた大豆は6割以上が水分になっています。

大豆は豆の中では糖質は少ない方ですが、

食べる方が多い小豆は大豆の4倍の糖質があります。

納豆と豆腐の糖質

納豆も豆腐も蒸された大豆を使っているので、

茹でた大豆の糖質が基準になっています。

厚生労働省の低糖質の定義は

「100g当たりの糖質が5g以下」ですが、

納豆も豆腐もそれに該当しています。

〔納豆〕

粒納豆50gの糖質は2.7g

ひきわり納豆50gの糖質は2.3g

〔豆腐〕

絹ごし豆腐50gの糖質は0.8g

木綿豆腐50gの糖質は0.6g

腸内環境を良くするには納豆

納豆は納豆菌で発酵させている食品ですが、

この納豆菌が善玉菌を増やしてくれるんです。

さらには大豆自体も腸内細菌の餌になり、

腸の環境を良くすると言っています。

糖質制限では、肉などのたんぱく質を多く食べるので

食物繊維が含まれている食材をたくさん食べないと、

腸の環境が悪くなります。

野菜やワカメを食べるのも良いですが、

お得に気軽に食べれる納豆はオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク