家庭用脱毛器の選び方と口コミ調査!!

f:id:crgcrm:20180709121847j:plain

失敗しない家庭用脱毛器の選び方とは?

自宅で気軽に脱毛ができると人気の家庭用脱毛器ですが、

本当に脱毛効果はあるのか?後悔しないかどうか?

家庭用脱毛器の効果や価格の相場を調査し、

失敗のない家庭用脱毛器の選び方を教えます。

家庭用脱毛器の正しい選び方

家庭用脱毛器は、本体のデザインがかっこいいから、

知名度が高いから…という理由だけで選んでしまうと、

思わぬ失敗に繋がることがあります。

家庭用脱毛器選びで失敗しない

3つのポイントをお伝えしていきます。

家庭用脱毛器の選び方3つのポイント✰

①使い勝手の良さ

実際に使用してみると

ハンドピースの重量が重いので疲れる、

照射面積が狭いので時間がかかり 打ち漏れが出る、

騒音がうるさいなど、

予想していなかった使用感の悪さに

脱毛を止めてしまうというケースがあります。

家庭用脱毛器はハンドピースの使用感・照射面積・

連射機能・最大力レベルを把握して、

打ち漏れなくスムーズに脱毛できるか判断すること。

➁コストパフォーマンスの良さ

家庭用脱毛器の本体価格は安いもので2万円、

高いもので10万円台とピンキリですが、

使用する度に消耗する付属品に

コストがかかる事を忘れてはいけません。

家庭用脱毛器購入の前には、

本体価格に加えて必ずランニングコストはいくらか、

脱毛したい部位に使用すると最終的に費用はいくらか、

自分で納得できる価格帯の脱毛器を購入する事。

③脱毛効果の高さ

家庭用脱毛器にはフラッシュ脱毛方式、

レーザー脱毛方式、超音波脱毛方式など、

様々なタイプが存在します。

しかしすべての脱毛器のタイプが

すべての人にオススメというわけではなく、

自分が脱毛で望む効果によって 選ぶタイプは違います。

また、顔やデリケートゾーンは脱毛できるか、

ムラ打ちや打ち漏れなく脱毛できるものなのかを

きちんと把握しましょう。

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

◎家庭用脱毛器のメリット

✔自宅で好きな時に好きな箇所を自由に脱毛できる

✔脱毛で通う手間と時間を省ける

✔自由に出力レベルを調整できるので痛みが少ない

×家庭用脱毛器のデメリット

✔脱毛器の本体価格とランニングコストがかかる

✔海外製のものなどは

 安全性に欠けるため見極める必要がある

✔脱毛効果が低いものもあり購入前の調査が必要不可欠

✔背中など手が届きにくい部位の脱毛はできない

✔火傷などのトラブルがあっても自己責任

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク