「シースリーでシェービング代は必要?」剃り残しや自己処理の範囲を解説!

f:id:crgcrm:20180803161118p:plain

シースリーでの脱毛を考えている方は、

「通い放題!!」というメリットに

惹かれたのではないでしょうか?

しかし、追加料金を取られるようなら

通い放題なんて選ぼうと思わないですよね。

脱毛サロンでよくある、追加のシェービング代。

追加料金なんてたまったもんじゃない!!

そんなあなたに、シースリーでのシェービング代が

かからないようにする秘訣をお伝えしたいと思います(^^)

✔シースリーのシェービング代はいくらかかる?

✔もし剃り残してしまった場合の対応は?

✔自己処理はしていく必要があるのか?

気になるポイントを解決していきましょう✰

シースリーは背中など背面の処理は無料!

シースリーでは背中などの背面の

シェービングは無料でやってくれます。

他サロンではシェービングに追加料金がかかったり、

剃り残しは避けて施術されるところも多々あります。

シースリーでは「襟足・背中・ヒップ・Oライン」

手の届かない範囲は、スタッフがシェービングしてくれます。

注意点としては、シェービングサービスをしてもらうには

自分でシェーバーを持っていく必要があります。

Iラインなどのシェービングを考えると 衛生的に、

ご自身のシェーバーを使われた方が良いですよね。

⇒シェーバーの条件⇐

「顔そり用」もしくは「2枚刃」であること。

シースリーでは自己処理をしてくるのが基本◎

シースリーの方針はあくまで、

事前に自己処理をしていくのが基本です。

シースリーのシェービングはサービスであって、

シェービングをしてこなくてもシェービングして

もらえるという意味ではありません。

そのため、手の届かない背面以外の範囲は

事前にシェーバーなどで自己処理をしていきましょう。

もし、全く自己処理をしていかなかった場合には、

その部分を避けて脱毛されるか、ひどい場合には

時間の関係上 施術を断られてしまう可能性のあるので、

事前の自己処理は忘れないようにしていきましょう。

もし、『剃り残し』をしてしまった場合には?

完全に剃るのを忘れてしまった場合には、

その部分は避けて脱毛することになります。

しかし、自己処理はちゃんとしたけど

「剃り残しがまだあった!」という場合には、

持参したシェーバーでシェービングしてもらえます。

少しの剃り残しならスタッフが

シェービングしてくれるので安心してください◎

~シェービングサービスまとめ~

✔襟足・背中・ヒップ・Oライン➡無料でスタッフがシェービング

✔剃り残し➡範囲が狭ければシェービングしてもらえる

✔剃り忘れ➡剃り忘れの範囲を避けて脱毛

✔シェーバー➡「顔そり用」「2枚刃」がオススメ

シースリーシェービングQ&A

Qシェービングの時間は脱毛に影響する?

A剃り残しが多いと脱毛の時間に影響します。

背面などの手の届かない部分だけなら

問題はないのですが、剃り残しの範囲が広いと

時間内に脱毛が終わらない可能性があります。

そのため、脱毛時間の確保のために

自己処理はしっかりとしていきましょう!

Q避けた部分は後日脱毛してもらえる?

A剃り忘れで避けられた範囲の

脱毛を後日してもらうことはできません

剃り残しがひどいと その範囲は避けて脱毛していきますが、

後日剃り残し部分の脱毛はできないので注意して下さい。

そのため、剃り忘れで避けられないように

シェーバーを持ち歩くのをオススメします。

Q事前の自己処理は何日がオススメ?

A事前の自己処理は2.3日前にやっておくのがオススメです

シェーバーなどの自己処理は肌が傷つきます。

さらに、脱毛でも肌は傷つくので

かゆみなどの肌トラブルにならないように、

2.3日前に自己処理をして肌を回復させておきましょう。

最後に✰

今回は、シースリーでシェービング代は必要か?

という疑問に対して、お伝えしていきました。

この記事を参考にして

お得に脱毛して下さったら幸いです(^^)

公式サイト⇒全身脱毛専門店「シースリー」

公式サイトから無料カウンセリングの

ご予約も可能になっています。

深く情報を得たい方は、

無料カウンセリングに行かれるといいかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク